sn-ow_ALOMAの日記

ラブライブ!のオタクです。ライブ感想などを。

ぬまフェスは続くよ、いつまでも

こんちは。

ぬまフェス千秋楽から実に10日以上が経過し、
東京ドームまでのカウントダウンは10を切っている今日この頃。

みなさまいかがお過ごしですか。

私はというと、
ぬまフェスがあまりに楽しかったので、
そしてなんとしても東京ドームの前に沼津に足を運びたい!!と思ったので、
ビャッと行ってきました。

私自身、沼津を訪れるのは5周年展示会以来2回目。
まだ行ったことのない場所を中心に、時間いっぱい楽しんできましたよ〜

今回の記事では、撮った写真をメインに、ぽつぽつ思い出を記録していけたらと思います。



朝:5時半に起床。6時半に出発し、朝9時に沼津駅へ。

「ようこそ!」とか「おかえり!」とか(もしかしたら他の事も)言ってくれているような沼津駅
ぬまフェスのぬまづ展示のブースにも、そんなようなことで付箋を書きました。

まずはみとシーへ向かうべく、バス乗り場で待っていると……やってきたのはAqoursのラッピングバス!
車内には『謎だらけの孤島からの脱出』のイラストが散りばめられており、アナウンスはギルキスの3人が務めていました。

テンション上がる〜
鞠莉の「マリンパーク」の発音が凄すぎて「マルルルィンパァク」みたいになってて面白かった。
善子のアナウンスが普通の車内アナウンスかと思うくらいお利口さんだった。えらいね。

時間調整で停車中の車内から。奥に淡島も見えます

そんなこんなで10時にみとシー到着。

曇り空だけど、気にしない気にしない

入るのは初めてだったので、ウキウキでした
10:15からショーがあるとのことだったので、時間までウロウロ。

まず出迎えてくれたのはセイウチ。
ちょうど餌やりの時間だったので、色々ファンサしてくれた。

なんかどこに隠してたか分かんないエサの魚を床にばら撒いたりしてた。お行儀よくしてね。


これはいっぱい目線くれるウミガメ


さてお待ちかねのショーのお時間。
今回はショースタジアムという演目で、色んな海の仲間たちがかわるがわる芸を披露してくれました。
①アシカのサニーちゃん
バランス芸をしてくれたり、輪投げしてくれたり。
②トドのてつぞうくん
水槽のヘリにつかまって、お茶目な表情を見せてくれます(めっちゃデカい)
カマイルカ2匹(お名前忘れちゃった)
ジャンプしたり、バブルリングしてくれたり。


トド。めっちゃデカい。


息の合ったパフォーマンス。ん〜〜〜ナイスジャンプ


次のショーまで時間があるので、再び館内展示へ。


ヌマヅのwwwナマズwwwwww
はい。(ていうかよく見たらウナギっぽいな?同じ水槽で間違えてる気がする)


クラゲ万華鏡ゾーン。チームラボ顔負けの美しさ


ゾウリエビ。めちゃくちゃ可愛くないですか?


ウツボ。小さい頃から怖いイメージがある。いっぱいいた。


ふり……ルリハタさん。よく見ると書いてあることがちょっと怖い


ここもめっちゃきれいだった。左右両側から見られるので、写真撮影もはかどる。


深海コーナー(?)の入り口にいたでっかいグソクムシ(?)の模型。それ以上でもそれ以下でもないったらない。


タカアシガニくん。赤い照明でなんか禍々しい。
さわれるコーナーがあるんだけど、「ハサミに注意!」って書いてあったのでめちゃくちゃ緊張しました。触れた。


名物のラブカ。ゲーム内通貨とは関係ない……はず。


他にも個性豊かな海のなかまたちがたくさんいて、とても楽しい時間でした。




外に出るとシロフクロウコツメカワウソが。みんな今日はおねむでしたかね



外の砂浜ゾーンで自然飼育されているアシカやセイウチやアザラシたち。みんなでろーんとしてた。早くこれになりたい


ペンギン! ヨチヨチ歩いてきてくれてとても可愛かった。フラミンゴは片足で立ったまま用を足していた。笑った。

お次はイルカショー。
トレーナーの方も一緒に潜って、跳んだり泳いだりしていた。ジャンプ力すげえよなぁ……


この曲線美ですよ。


オブジェもしっかり写真に収めて、みとシーを後に。
めちゃくちゃ楽しかった!
今度行けたら全部のショー見てみたいし、餌やりとかもまったり楽しんでみたいですね


これは写真撮影用の看板がおもしろかったので負け惜しみにあいかちゃんと撮った。ひとりでも楽しければいいのよ。



みとシーを出て、三の浦総合案内所へ。
鞠莉ちゃんのバースデー展示があってほっこり。
内浦のクリアファイルを購入しました。

ぬまフェスのポスターがあった。うるっとした。


少し空模様が回復してたので、案内所の前で何枚かパシャリ。海はいいねえ


歩いて三津の方まで戻り、
三津海水浴場で風と波を感じながら、バスを待つ。
ちょうど日が出てきてとても暑かったので、セブンイレブンで買ったアイスがうまかった。松月さんはお休みだった。(1年半ぶり2回目)


やっぱり、この景色。



沼津駅に戻り、お昼ご飯。
助っ人丼をいただきました。
ぬまフェスのスタンプ帳手に入れた助っ人さんは、ぜひ彼女たちからのメッセージを受け取ってみてくださいね!

っかりした味付けのサバ缶と、海藻の風味がめちゃくちゃマッチ。ご飯が進みます。
アイスボウルも甘すぎずひんやりでこれからの季節にぴったり。



お昼を済ませ、芹沢光治良記念館を目指して自転車にまたがる。
沼津の風を感じながら、南へ、南へ……


迷って牛臥山公園にたどり着いた。
めちゃくちゃ眺めよかった。迷ってよかったと思った。



地図をちゃんと確認しながら記念館へ……
と思っていたらみたことある建物が。

すぐ分かったね。
予定に組み込んでなかったのでどこにあるかも知らなかったけど、とっても幸せな気持ちに。映画、何回も観に行ったもんな


なんやかんやで到着。
山を背負ったかなり奥まったところにあり、雰囲気も◎。

この建物、1970年にできたらしいですよ。かなり著名な建築家が関わっていたようで、現代的なのも納得。

芹沢光治良本人にも興味を持つ人生を送ってきたので、展示を一通り眺めつつ、2階へ。


おしゃれピク撮れそう!と思って螺旋階段を下から撮ったが、後でMV確認したら同じようなカットあった。うれし。


この景色が、見たかった。
『未体験HORIZON』には個人的に思い入れがあり、東京ドームで披露される可能性に期待しつつ、この曲への思いを高めるためにここに来ました。

館内に響く乾いた足音。メガネの君。本を広げる表情。
ありありと、目に浮かぶようで。
"聖地"というものの素晴らしさを、改めて肌で感じて。


未ホラを意識した小道具を用意してくださっていました。連れてきた花丸ちゃんに羽を生やして、パシャリ。


屋上が開放されていました。
またちょうどいいタイミングで太陽が出てくれたので、水平線とともに1枚。


外に出たら猫ちゃんがお昼寝してました。
何してるか聞いても、たまにこっちを見るだけで気持ちよさそうに寝ていました。邪魔してごめんね
鎌倉文学館にも白猫がいるんですが、守り神なんじゃないかなとか、思っちゃいますね


記念館を後に、今度はびゅうお
と思っていたのですが、今日木曜日は14:00で閉まっているそう。あぶないあぶない。ちゃんと調べないとね。

沼津港や深海水族館は次回にとっておいて、
駅まで自転車で戻ります。

帰りは狩野川沿いの広い道を行くことに。

お天気ではなかったですけど、風がめちゃくちゃ気持ち良い〜


道中でこれまた偶然阿蘭陀館を発見。
いや、地図上だけじゃなくて実際の感覚で位置関係が分かると、千歌ちゃんのすごさがより分かりますね。


リバーサイドホテルで自転車を降り、
仲見世商店街へ。

アーケードはやっぱりテンション上がるね〜


そして、マルサン書店仲見世本店さん。
最後に観た映像では、シャッターは開いていました。
以前の記事でも書きましたが、これが時の流れ。
紛れもない、沼津の"イマ"。
ぐっと噛みしめながら頭を下げて、先へ進みます。

変わっていくことを、恐れてはいけない

商店街を抜け、ヌーマーズへ。
写真はありませんが、WINDY STAGEの応援フラッグにバッチリ書いてきましたよ〜
あとは買いあぐねていた花丸と善子のマガジンを買った。
だって沼津で買うと特別感増すじゃん!(前回は『R.A.』を買った男)

最後はやば珈琲さんでケーキセットをぱくり。
(お腹がもう少し減っていたらナポリタンも食べてみたかったね、これも次回のお楽しみ)



まだ明るい中、沼津駅に別れを告げる。
また絶対来るからね。


来月は花火を観に来る予定です。沼津とも、『なんどだって約束!』





そして今、まだ電車に揺られています。


2回目の沼津。
行きたいところにも行けたし、とっても楽しかった。
1年半前に展示会で訪れた時よりも、確実に沼津に詳しくなっていた。
なんでってそれは、ラブライブ!サンシャイン!!が大好きだったから。
そしてなんといっても、『輝け!Aqoursぬまづフェスティバル in よみうりランド』があったから。

ぬまづ展示に貼られた助っ人さんたちの付箋の文字が、ふと足を止めると頭に浮かんでくる。
アンテナショップに出品していたお店の看板が、今まで以上に意識的に視界に入る。
あの会場で聞いた音楽たちが、その風をそのまま感じさせてくれる。

ああ、やっぱり、よかったな。って。

あの輝きの日々があって。
今までよりも沼津を好きになることができて。

ぬまフェスは終わってしまったけれど、今日の旅に、来週の東京ドームに、そしてこれからの我々と沼津の間に、色々な感覚として残り続ける。

いつまでもぬまフェスぬまフェス言ってますけど、あくまでラブライブ!サンシャイン!!の物語のひとつであるということは、わかっているつもりです。

これまでがあって、ぬまフェスがあって、これからがある。

それは別のイベントでもそう、ライブでもそう、なんだってそう。

「好き」を積み重ねて、
「輝き」を積み重ねて、
これからも、ラブライブ!サンシャイン!!を、
そして沼津を、愛していきたいと思います。


まあとにかく、
楽しかった!!
これに尽きます。

来週はWINDY STAGE、東京ドーム。
気持ち高めていきましょう。



ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。



またいつか。